介護保険住宅改修工事

介護保険制度なら介護リフォームに9割補助

介護保険の要介護認定を受けて、 要支援または要介護を認定された方が介護リフォームをする場合、住宅改修工事費用の内、20万円までは住宅改修費の支給申請をすることができ、
その費用の9割が支給され1割の自己負担でリフォームをすることができます。

高齢者住宅改修費用助成制度の受給対象者とは?

受給するには、以下の条件を満たす方が対象になります。
・要介護認定で「要支援」または「要介護1~5」と認定されていること。
・改修する住宅の住所が被保険者証の住所と同一で、本人が実際に居住していること。
また、通常は一生涯で20万円まで、住宅改修の9割を補助してくれる高齢者住宅改修費用助成制度ですが、 「要支援」「要介護」のランクが3段階以上あがったとき(例えば要介護1の人が要介護4になった場合など)や、転居した場合などは改めて20万円まで給付を受けることができます。

Copyright(c) 2014 佐藤設備工業株式会社 All Rights Reserved.